__DSC0071



カイエン955と957の為に開発されました
リアシート専用リクライニングキットの発売です。
ブラック金属表面加工を施し削り出しの切削加工にて丹念に作り上げました。
純正のあまり使用されないドッグネットホルダーASSYをこの際ですから取り外します。
リアシートの後部へ77mm程背もたれが延長して倒れる仕組みとなっております。



__DSC0197




厳しき悪路環境を走り切る軍事用運搬車両ではあるまいし!
正直、このカイエンのリアシートの純正指定で決められた角度は、
どうも我慢できませんでした。
直立姿勢の罰ゲームみたいなリアシートポジションからの完全解放!
僅か70mmという後方リクライニングの、
このプラスアルファ傾斜クリアランスは別世界の快適さをもたらします。
実は最新型カイエン958では便利なるリクライニング機能が、
純正標準で最初から用意されているのですが、
955と957時代は残念ながらそこまでの顧客要望を最初から考えておらず、
固定式の填め込み式で至ってシンプルな構造だったのです。
ドラバーズシート&ナビシートの2人までの乗車定員は何ら問題ありません。
問題なのは後部座席に座られる3人目~5人目までの大切なる3人が、
ドライブ最中の着座姿勢により時間の経過とともに苦痛を味わうのは、
これまた何ともいただけません。


__DSC0025




耐久性や強度は角界でも重量級なお相撲さん2人分の体重が加わっても大丈夫。
このたった70mmの後方リクライニングの延長傾斜角度なのですが、
座ってみると丁度良いクリアランスと着座姿勢がそれなりに適度に確保出来るのです。
ちょっとした長距離運転等では、
落ち着いた後部座席のポジションすらも得られないのが現状でした。
甲斐総店長のアイディアにより開発された専用ボルトとキャッチャーの組み合わせ、
対応車種はカイエン955と957の2車種に適合です。
本当に欲しかった機能部品がここに完成です。


__DSC0215




装着は簡単で取り付けもそれほど時間が掛かりません。
とはいっても構造上の一部プラスティック部の切り込みカットの手順を、
ブログ画像にて局部のご案内をさせて頂きます。
リクライニングする角度に合わせて後部での、
ステー部の逃がし隙間フィッティングマウント
「ステークリアランスを確保させる切り込み」が必要です。
金額は左右セットでなんと 29,800円レベルで入手可能です。
ありそうでなかなか無い希少なカイエン専用リクライニングキットの発売でした。
カイエンの純正後部シート座席の着座姿勢に現在不満があり、
ご興味ある方だけ ご連絡下さいませ! 
代引き着払い発送も迅速に承ります!

045-591-0888 担当:甲斐まで!




img_0
 






AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

Thanks to its inception in '20

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1

Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1

045-591-0888

President Toshifumi Kako

AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00

Thursday regular holiday




img_0-1





AFF3 Mechanical Tokyo

Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop

Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F

03-6459-0831

President Toshifumi Kako

AM: 11: 30 ~ PM: 20: 00

Thursday regular holiday